[玄米1kg]えびの市 本坊農園

¥980

数量

- +

[玄米1kg]えびの市 本坊農園

¥980

  • 商品詳細

      生産者:宮崎県えびの市 本坊さん(本坊農園)


      ●栽培コンセプト●

      笑顔になれるお米づくりがモットー。土づくりは堆肥作りから。堆肥は材料からこだわり手作りしています。
      「自家製堆肥で育ったお米は、 土の微生物が元気に活動し、植物が光合成を活発に行い、ミネラルたっぷりのお米になり、元気な体づくりにつながる」と本坊さんの話にも力がこもります。
      本坊さんのお米は、香りも良くて何より甘い!玄米も甘いです。

      安全で美味しい本物の農産物づくりを通して、心と身体の浄化を促すお手伝いができるように、みんなが健康でいられるようにと、毎日田畑に出向かれています。
      *まれに虫食いのあるお米(黒っぽい)が入っている場合がありますが、食べても問題はありません

       

      <農作業>

      毎年6月に田植えをします。広大な田んぼは約2町あり、田植えだけで1週間以上かかるほどです。ひのひかり 、赤米、もち米を多様なお米を育てており、本坊農園の直売所にいくと、すぐそこにも田んぼがあり、成長の様子を見ることができます。

      毎年10月中旬〜10月下旬は稲刈り、脱穀、新米に出荷作業と一年で一番忙しい時期です。脱穀したあとの稲わらも牛の寝床に敷いたり、餌にしたり、野菜にかけたり、次のお米作りにつながっています。

      <水>

      秘境クルソン峡から流れる清流を使用。水路にはヤマメが泳いでることもあるほど綺麗な水です

      <土>

      光合成細菌と納豆菌の力をかりて牛糞・海藻・木炭を発酵し、熟成させた自家製の堆肥を手作り。牛も清流を飲み、自家製飼料や野菜のかけらなどを食べて育った元気な牛です。

       

       ●玄米とは●
      玄米は、お米から籾殻(もみがら)のみを取り除いた状態のこと。一般に食べられている白米の部分に加えて、玄米で食べると、糠層、果皮、種皮、澱粉層、胚芽など栄養価が高く、い部分も一緒に食べることができます。新陳代謝を高めるビタミンB群や食物繊維などが含まれ、特に食物繊維は一般的な白米と比べて4~6倍近くあると言われています。 玄米を食すにあたって気をつけなければいけないことは、十分に浸水してから炊くこと、玄米モードのある炊飯器や圧力鍋で炊くこと、そしてしっかりよく噛んで食べることです。豊富に含まれる栄養素を十分消化吸収するためにも、よく噛んでおいしく頂きましょう。

      原材料
      内容量
      1Kg
      保存方法
      高温多湿を避け常温保存。(お米は、吸湿に気をつけて涼しいところ(風通しの良いところ)で保管ください)
      商品取扱の注意
      ●お米を冷蔵庫保管する場合の注意点●乾燥に注意、野菜室など水分があるものと一緒に保管するなら吸湿に注意。なるべく空気を抜いて、必ず密閉して保管ください。また冷蔵庫からの出し入れ等の温度変化も吸湿の原因になるため、使用後はすぐに冷蔵庫に戻してください。
  • 商品について